クライアント様に肌で感じ取っていただける成果が有って、初めてそのホームページは活きてきます。
『これまでよりも、お問合わせが増えた!』
『これまでよりも、ホームページからのご注文が増えた!』
『これまでよりも、ホームページを見てくれるお客様が増えた!』
そんな目に見える成果を感じ取っていただけるホームページデザインをご提案させていただきます。

お客様が目の前のパソコンで、通常目にしているホームページは
サイトを表示する【XHTML】と、デザインの指定をする【CSS】で創られています。
これらは、一般的には目に触れる事は有りませんが、ホームページを構成する大切な1つの要素です。
そして最近では、これらの要素も検索エンジンが重要視する1つとなっています。
ホームページを構成する要素の1つ1つを大切にした制作をいたします。

※office GRAZIEでは、W3Cによって勧告されたweb標準に準拠した仕様で制作を行います。
W3Cとは?
web技術の国際標準化団体である【World Wide Web Consortium】のこと。 W3Cのwebサイト >>>http://www.w3.org/
web標準とは?
W3Cに代表される国際な標準化団体によって策定されている、技術的な仕様やガイドラインの総称。
web標準に準拠したwebサイトの制作では、webサイトを表示させるためのXHTMLと、デザイン・レイアウトのためのCSSが分離されますので、閲覧環境に左右されず正しく表示されます。
またwebサイトの構造が明確なため検索エンジンへの対策にもなり、結果として上位に表示されやすくなります。
Copyright©2008-2013 office GRAZIE ALL RIGHT RESERVED.